さくらしめじ「菌育 in the 家(はうす)」名場面15選[10位〜6位]

前回より「名場面15選」ということで、菌育を振り返っています。

さくらしめじ「菌育 in the 家(はうす)」名場面15選[15位〜11位]

2018.09.13

今回は10位〜6位です!

第10位 菌育愛知「ポンコツデリシャスロード」二人バージョン初披露。

言わずと知れた彪我さんが“手がけた”曲です。作詞・作曲:髙田彪我。2017年4月23日、春しめじのeat shunで初披露したこの曲ですが、同年12月29日、きのこりあんの集い vol.2(2部)で2回目に歌ったときも一人バージョンでした。しかしこの菌育愛知では、なんと二人バージョン。雅功くんソロパートや二人のハモりが入ってたり、曲の構成も練られていたように思います。すごくいい曲に進化していました。

【さくらしめじ】菌育 in the 家(はうす)愛知 ライブレポート

2018.02.25

第9位 菌育赤坂 3代目ギターを初披露。

このライブで初めて、さくらしめじ二人の3代目のギターが初披露されました!少し前から雑誌などでK.yairiの工場を訪れて、オーダーメイドのギターを作っていることが伝えられていましたが、とうとうこの日、披露されたのでした。

 彪我くん:YW-K13ベースのオーダーメイド(タカダイリヤン)(ちょっとマットな黒っぽいやつ)
 雅功くん:FMY-70ベースのオーダーメイド(Kフカミ)(木の色っぽいやつ)

です。これ、とってもいい音です。歴代のギターの中で僕は一番好きな音色かも。

【さくらしめじ】菌育 in the 家(はうす)スペシャル@マイナビ赤坂BLITZ ライブレポート

2017.12.13

第8位 菌育宮城「せきがえのかみさま」のイントロ

ライブレポートでも書きましたけど、「せきがえのかみさま」の出だしでいきなりやられました。みなさんCD音源でおなじみの、あのかっこいいエレキギターのリフ「テレーレッ、テレテレレレレ〜」(↓コレです)

 

これをなんと彪我くんがアコギで弾いたんです!前の曲の「ひだりむね」のあと、曲紹介なしに、おもむろにこれをやるもんだから、みんな、「え?なになに?なにが起こった??」って感じで悲鳴やらざわつきが。いやぁ、かっこよかった。

菌育宮城は他の曲も何かと冴えまくってました。3ワードソングも、トークも、すごくキレがあって、終わった後の充実感があったライブでした。

【さくらしめじ】菌育 in the 家(はうす)仙台 ライブレポート

2017.09.24

第7位 菌育赤坂 Every Little Thing 伊藤一朗さんと共演 

ご存じの通りさくらしめじはEvery Little Thingのfragileをカバーしました(5thシングル「あやまリズム」に収録)。さくらしめじの菌活の旅ではご当地出身のミュージシャンの曲をカバーするのが恒例になっていましたが、2016年11月27日、そのファイナル公演(東京お台場)でカバーしたのがこのfragileでした。そのときの感動は今も忘れません(→菌活ファイナルレポ)。

でもそのときはまさか、後にEvery Little Thingご本人と共演するなどとは思ってもみませんでした。それがなんと、この日実現したのです。伊藤一朗さんとの共演に、たぶん二人ともめっちゃ緊張していたと思います。でもその緊張を力に変えて、いつもにも増してすばらしい演奏でした。

(↑公式サイト「菌育日記」より)

【さくらしめじ】菌育 in the 家(はうす)スペシャル@マイナビ赤坂BLITZ ライブレポート

2017.12.13

【さくらしめじ菌活】47都道府県完全制覇!おめでとう!!そして新たなステージへ・・・

2016.11.30

第6位 即興スリーワードソングが面白い。

これは面白かったですね。会場からお題のワードを3つ言ってもらって、そのワードを使って即興で歌うというコーナーです。

だんだん上手くなっていくかと思いきや、ぐだぐだになったり、強引になったり。まあ、きのこりあんからしたら上手くできたかどうかは二の次で、かわいければ、かっこよければ、なんでもいいんですよ(笑)考えてる姿が見られる、一緒に盛り上がれる、それだけでね。

この機会にちょっとまとめておきますね。

埼玉:「冷蔵庫」「ペンギン」「埼玉」
新潟:「花火大会」「ねこ」「ロマンス特急」
渋谷:「きのこ」「パスタ」「スイカ」
宮城:「ギター」「パンダ」「ささかま」
香川:「骨つき鳥」「瓦せんべい」「うどん」
広島:「イルミネーション」「カープ」「もみじまんじゅう」
赤坂:「消費税」「消防車」「サッカー」(雅功くん)
福岡:「ヤフオクドーム」「アルパカ」「にんじん」
愛知:「制服」「シャバーニ(イケメンで話題のゴリラの名前)」「バレンタインチョコ」
神奈川:「初デート」「ホワイトデー」「雛あられ」
静岡:「お茶」「砂丘」「因数分解」
北海道:「羅臼」「バリンタン」「萌え萌えキュン」
大阪:「PON」「サックス」「思春期」

出来でいうなら、宮城、大阪あたりが「うまい!」と思いました。ノリでいうなら、神奈川の「ガクさん!」連呼や、北海道の「羅臼、バリンタン、萌え萌えきゅん!」連呼(もはや3ワードそのまま繰り返してるだけ笑)なんかが会場と一体となった感じで盛り上がりましたね。

「上手いこと言えたタイプ」「強引タイプ」「連呼タイプ」などいろんなタイプがありましたが、どれも彪我くんの発想が面白かったです。その場で歌詞を考えてその場で演奏するというのは、音楽の醍醐味を味わえるいい企画でした。

 

今回はここまで。次回は最終回、いよいよ5位〜1位です。

さくらしめじ「菌育 in the 家(はうす)」名場面15選[5位〜1位]

2018.09.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。