【さくらしめじ】菌育 in the 家(はうす)愛知 ライブレポート

2018年2月12日、名古屋クワトロで行われました「菌育 in the 家(はうす)」愛知公演、行ってきました!今回もその模様をお伝えしていきたいと思います!

まず今回のライブ、とても完成度が高かった、と言いたいと思います。

何度も言っていますように、さくらしめじはいつも全力のライブ。だからそのときにしか聴けない一度きりのものです。優劣はつけられません。すべてのライブがかけがえのないものです。

それを踏まえた上で・・・そうはいっても、やはりライブは生き物。二人の調子や会場の音響、お客さんの雰囲気などでその場で作り上げられていくものですから、その完成度にはどうしても違いが出てきます。「さくらしめじの世界観」を作り上げ、聴衆をその世界にどれだけ引き込めるか、ということの違いですかね。

そういう意味で、今回のライブはそれに大いに成功していた、完成度の高いライブだった、ということができると思います。

では、さっそくセットリストです。

1.えそらごと
2.ケセラセラララ
3.きみでした
4.せきがえのかみさま
5.ふうせんはなび
6.かぜいろのめろでぃー
7.いくじなし
8.ポンコツデリシャスロード
9.てぃーけーじー(音源あり)
10.いーでぃーえむ(音源あり)
11.あやまリズム(音源あり)
12.スタートダッシュ(音源あり)
(アンコール)
13.ひだりむね
14みちくさこうしんきょく

セトリもよかったですね。先にざっと言っちゃいますが、1stアルバムに入ると言われた「えそらごと」(このとき先行配信はまだでした)、「ケセラセラララ」がなんとアコギバージョン、赤坂ぶりで結構久しぶりの「きみでした」が何やら別次元、大好きな「かぜいろのめろでぃー」の展開がいい感じ、会場のボルテージが上がる中での「いくじなし」、追い打ちをかけるように、初の二人バージョンの「ポンコツデリシャスロード」、そして最後へ向けてどんどんあがっていく中で、赤坂初披露の新曲「スタートダッシュ」がほんといい曲でしかもハンパない疾走感—。これはもう盛り上がるしかないですね。

ライブ前半

さて、いつもの通り「こんこんずし」の音楽にのって登場。今回のライブで使用するギターは三代目。K.yairiのオーダーメイドギター(タカダイリアンとKフカミ)です。このギターの音が一番好きかも。

挨拶からのさっそく1曲目。いきなりきました「えそらごと」!1stアルバムに収録されるこの曲ですが、先日先行配信されましたね!雅功くんが「手拍子お願いします」とあおります。

この曲を聴いて、「今日はのってるな」と思いました。歌もギターもいい感じで、二人の動きも躍動感があります。特に彪我くん。いつも動きはすこし控えめで、大きく動いたとしても「盛り上げるために動いておこうか」と頭で考えて動いている感がある彪我くんですが(笑)、今日は自然と大きな動きになっていたように思います。

次は「ケセラセラララ」今回はなんと、アコースティックバージョン!前にたぶん1回やってると思いますが、僕は初めて聴きました。めっちゃいいじゃないですか。なんで今までしなかったの?っていうぐらい。全然音源なしでいいです。むしろこっちの方がいいかも。さくらしめじの持ち味がすごく出ていたと思います。さくらしめじのギターのテクニックの上達っぷりもよくわかりました。ギターだけでこの気持ちのいい疾走感が出せるのがすごいです。

ここで最初のMC。まず妙に彪我くんのテンションが高い!今日の調子の良さが表れています。ここで彪我くんが、さくらしめじのライブに来たことがある人を、回数別に聞いていきます。初めての人、1〜5回、6回〜10回、11回以上と細かく刻んで聞いていきます。僕はもちろん11回以上で手を上げました(笑)ちなみに後で数えたら、このライブで34回目でした・・・

MC明けは「きみでした」です。やっぱりさくらしめじのバラードはいいですね。今回の「きみでした」は特に、何やらとっても落ち着いた感じで、じっくり聴かせる演奏でした。切なさに深みが増してきたような。彪我くんのギターソロもいい感じでした。

つづいて「せきがえのかみさま」。今回はイントロで語り。雅功くんが「私事ですが席替えで一番後の席を獲得しました」みたいなことをいっていました。この曲は歌う頻度も多く、もう安定の出来ですね。ところで、「見てくれーた?」で、彪我くんよりも雅功くんが大きく首を傾げてぶりっ子してましたね(笑)雅功くんは、こういうリアクションがだんだん大きく、逆に彪我くんはだんだん小さくなっていますね。

ここでMC。内容は、

●雅功くんが席替えでうしろになってうれしかったことを彪我くんが突っ込む話。
●バレンタインの話。彪我くんが中三のときに学校でバレンタインのチョコレートを2つもらったことを雅功くんに指摘され、全力で否定する彪我くん。

などですが、MCは例によって他のブログにお任せします。

ここでさくらしめじからバレンタインのプレゼントがあるかも、と言っていましたが、バレンタインデーの2月14日に「えそらごと」が先行配信されましたね

MC明けは「ふうせんはなび」「かぜいろのめろでぃー」と続きます。この日の「かぜいろのめろでぃー」すごくよかった。Bメロの裏声混じりの彪我くんのハモりがいつにも増してよかったし、Dメロ→落ちサビ→ラストサビの、落ちて上がる上がり方がなんか、グッと来たっていうか。引き込まれましたね。

続いて「いくじなし」です。以前は最初か最後にくることが多かったですが、福岡もそうでしたが、最近はあいだに持ってきますね。彪我くんの「君が魔法の薬だよ〜」の「だよ〜」って最近ビブラートを効かせたりしますが、それもいい感じ。前からキーを下げた方がいいなんて言ってましたが、この日のいくじなしを聴くと、下げなくていいんじゃないか、と思うぐらい高音もいい感じでした。

次のMCは、

●かけ声あるあるの話。雅功「二番のかけ声の『うきうき君が横を歩く』の『うきうき』が濁点がないから聞こえにくいんでしょうね。『@ひ*ひしちゃう』ってなるんですよ」彪我「え、それ文句?」雅功「いや、それも含めて愛おしいなっていう」聴衆「きゃー」みたいなやりとり。
●寝ぼけて変なことをする話

ここでいつもよりちょっと遅めの即興スリーワードソングのコーナーです。キーワードは「制服」「シャバーニ」「バレンタインチョコ」

「おいらは高校生の雅功ちゃん。イケメンだからバレンタインチョコいっぱいもらう。大好きなゴリラになりたいけど温厚じゃないしセロリ嫌いだから、なれない・・・」

みたいな歌詞。ゴリラが好きとか、ゴリラが温厚でセロリが好きとかという話は、直前の雅功くんのMCでいってたことで、めっちゃそれに引っ張られた歌詞になっていました。「制服」は高校生、「シャバーニ」はゴリラで言ったことにしてました(笑)

▽シャバーニ氏(東山動物園)

ライブ後半

「彪我が作詞作曲した曲です」という前振りから、二人声を合わせて「ポンコツデリシャスロード」と言ったから、みんな「え?え?(彪我一人で歌うんじゃないの?)」ってなってました。というのは、今までこの曲は「春しめじのeat shun」「きのこりあんの集いvol.2(2部)」で歌っていますが、彪我くん作詞作曲、ということで、彪我くん一人でしか歌ってなかったのです。ところがこの日は・・・そう、なんと初めて二人で歌ったんですよ!「ポンコツデリシャスロード」二人バージョン初披露です。

これがまたよかった。雅功くんのパートもできていて、上ハモりも下ハモりも入ります。コードもところどころ変わっていて洗練されたような。こんな風にさくらしめじ作詞作曲の楽曲が進化していくのはうれしいですね。ちなみにこの曲は、歌詞の途中で食べ物の名前が入りますが、名古屋の名物に変えて歌ってました。

つづいて「てぃーけーじー」(音源あり)です。語りのところは、雅功くんがエビフライを食べるのを彪我くんが実況するというスタイルでした。最後は謎の「みそカツ」コール。そのまま「いーでぃーえむ」(音源あり)で食べ物シリーズが続きます。食べ物の歌で会場のボルテージがもぐもぐ上がっていくという、さくらしめじ独特の世界観でライブが展開します

MCのあとは「あやまリズム」(音源あり)、そしてトリはこの曲!菌育赤坂で初披露されて以来、まだ歌われていなかった新曲「スタートダッシュ」(音源あり)です。やっとまた聴けた!改めて聴いてみて、やっぱりほんといい曲です。メロディーもいいし、二人のギターの掛け合いも面白いし、そしてハンパない疾走感と高揚感。ここまでどんどん盛り上がってきたライブが、この曲で最高潮に!さくらしめじの二人の動きも自然と大きくなり、これまでに見た中で一番といっていいぐらいの躍動感!ステージ狭しと動きまわり、めちゃくちゃ楽しそうに演奏してました。

すぐに沸き起こったアンコールのあとは、アンコールで歌うのはめずらしい「ひだりむね」。そのあとの告知がまた面白かった。ただ普通にお知らせしても面白くないといって、「メロディアスに告知します」といいます。どうなるのかなと思ったら、ミュージカル風にハモりながらの告知。これはいい。めっちゃ面白かったです。

そして最後はやはりこの曲。「みちくさこうしんきょく」。今回のライブ、最初にも言いましたが、音楽もトークも冴え渡り、セトリも新鮮で、さくらしめじの世界観が全開に花開いたライブだったように思います。最後まで引き込まれ、大変満足感のあるライブでした!

以上、菌育 in the 家(はうす)愛知公演でした。次はF.A.D YOKOHAMA、行ってきます!

菌育 in the 家(はうす)神奈川公演
日程:2018年3月3日(土)
時間:開場16:45 / 開演17:30
場所:F.A.D YOKOHAMA
GoogleMap
詳細:http://sakurashimeji.com/live/574.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。