【さくらしめじ】菌育 in the 家(はうす)スペシャル@マイナビ赤坂BLITZ ライブレポート

菌育 in the 家(はうす) スペシャル!in マイナビ赤坂BLITZ 行ってきました!

・・・とその前に。菌育香川、菌育広島も行きましたが、レポ書けてなくてごめんなさい。メモは残しているので、そのうち書きます・・・

今日は、旬なうちに先日のライブをレポートしたいと思います。

これぐらい会場前が広いと待ちやすくていいですね。入場もスムーズでした。

セットリストは以下の通りです。これを見ながら、一曲ずつ振り返っていきたいと思います。

01. あやまリズム
02. せきがえのかみさま
03. だるまさんがころんだ
04. おたまじゃくし
05. さんきゅう
06. ひだりむね
07. fragile
 (01〜07はアコースティックバージョン)
08. ふうせんはなび
09. ケセラセラララ
10. かぜいろのめろでぃー
11. きみでした
12. スタートダッシュ
13. ねこの16ビート
14. てぃーけーじー
15. えそらごと
 (08〜15はバンドバージョン)
<アンコール>
16. おもいでくれよん(アンプラグド)
17. みちくさこうしんきょく(バンドバージョン)

ちなみに・・・

(逆にやらなかった曲)
いくじなし
きのうのゆめ
ぎふと
まよなかぴくにっく
はじまるきせつ
こんこんずし
またたび
いーでぃーえむ
ゆめがさめたら
夕空小道
勉強をしたいのに?
ポンコツデリシャスロード
笑顔の未来へ

です。この中にもいっぱい聴きたい曲があります。個人的には「きのうのゆめ」「夕空小道」「笑顔の未来へ」が聴きたかった・・・「ぎふと」なんかも久しぶりに・・・それにしても持ち曲増えてきましたね。

広い会場です。舞台も、これまでのワンマンライブとまではいかないにしても、大がかりなセット。曲を提供している作家さんや、ゆかりのある芸能人なども会場入りし、大きなライブの扱いだということがわかります。

さて、会場が暗くなり・・・いよいよ!「いくじなし」の音源にのって、さくらしめじ登場です!菌育スペシャルの幕が開きました。これから始まる夢の時間に、気持ちが一気に高まります。

しかしまだこのときは想像すらできないような様々なスペシャルなことが、このあと次々と現実になるのでした・・・

 

オープニングトーク

01. あやまリズム

最初はさくらしめじの二人だけのアコースティックバージョンでライブはスタートです。この曲はバンドでやるかと思いましたが、意外でした。

始まって早々、Aメロのオクターブユニゾンの彪我くんの高音が心地よい。(今日の声の調子、いいぞ)とすぐ思いました。彪我くん「朝から気合いが入っていた」というだけあります。ギターのストロークも切れがいいです。

最後の「ごめ〜ん」ですが、いつも二人の言い方や声の高さがちょっと違うのですが、この日はすごく似ていた気がします。

 

02. せきがえのかみさま

君の隣をねらってたんだ(一番)
君の隣にすわりたいんだ(二番)

よく考えたら一番と二番歌詞似ていますね。よく今まで間違いませんでした。この日は彪我くんがちょこっと、ね。

もはや高音のファルセットが安定してたことは書くまでもありません。

この曲では、ときどきステージ両端にあるお立ち台に立って歌っていたのですが、席替えしますっていって、彪我くん側のお立ち台にたった雅功くん。マイクが高そう。逆に雅功くん側の彪我くんはちょっと膝を曲げて歌います。

曲の途中で、「だれ?身長足りないって言ったの?」とアドリブ入れてくるあたり雅功くんっぽい。”背が足りなくてかわいい”感を前面に出してくる雅功くんでした。

 

MC

03. だるまさんがころんだ

ひさびさです。最近では7月8日の菌育埼玉、その前が4月23日の春しめじと歌う頻度が少ない曲です。いい曲だからもっと歌ったらいいのにな。彪我くんの歌い方が好きな曲の一つです。

彪我くんの声って、あやまリズムとか以下に書く新曲みたいなアップテンポの曲より、こういう曲のほうが合ってると思うんですよね。やさしげに歌う声が胸に沁みます

 

04. おたまじゃくし

これもバンドバージョンかと思いきやアコギ二本で。前も書きましたが意外にアコギが合う曲ですよね。

いつも思いますがこの曲、ハーフタイムになったり倍速になったりウラのキメもいっぱいあったり、アコギだけだとテンポキープがめっちゃむずい曲と思うんですけど、すごい安定してますよね。

 

MC

雅功くん携帯のパスコード忘れる事件。

雅功くんの携帯のパスコードは彪我くんの誕生日ではなかったのだが、学校のパソコンのパスワードは彪我くんの誕生日であることが発覚。会場悶える。

オーダーメイドのギターを作りにいった話。岐阜県にあるKヤイリの工房でつくったとのこと。

ちなみにギターの名前は
 雅功くん:Kフカミ
 彪我くん:髙田イリヤン

などなど。MCについてはこのブログでは詳しく書かないということでご了承ください。

 

05. さんきゅう

ここでそのオーダーメイドの新しいギターの音色を初披露です。それにふさわしい曲といえばやはりこの曲「さんきゅう」です。今回はイントロのギターや、間奏のギターなどのアレンジを変えてきました

例えばイントロなんかは、今までは彪我くんのストロークのバックで、雅功くんがサビのメロを単音で弾く感じでしたが、今回は雅功くんがアルペジオっぽいかっこいいフレーズを弾いてました。

間奏では、「おたまじゃくしの宴」以降復活していた彪我くんの伝説のギターソロ(涙のさんきゅうin星男祭2014)は今回はやらず、雅功くんのアルペジオに変わってました。

最後の彪我くんの「さんきゅう!」はライブへの意気込みを感じる力強いさんきゅうでした。

 

06. ひだりむね

新しい音色での「ひだりむね」。完成度もどんどん上がってる気がします。今日のひだりむねはまた最高傑作でした。

 

MC

ここでスペシャルなことが!スペシャルゲストをお呼びしますと雅功くんが言って登場した人が。な、な、なんと!Every Little Thingの伊藤一朗さん(通称いっくん)じゃないですか!会場からはヤバい!すごい!本物だ〜!など驚きの声が。僕もびっくりしました。

fragileの共演のために?と思ったらやっぱりそう。しかもそのためにだけに来られたらしいです。さくらしめじのカバーが本家に認められた気がして、とってもうれしかったです。ELTのデビュー当初から聞いていた僕としてはまた感慨深いものがあります。

ところで、「どうしたら身長が伸びますか」と雅功くんがいっくんに尋ねますが、その後のいっくんさんの返しがいい。「好きになっちゃったら身長なんか関係ないよね」ほんとそうです。雅功くん、気にしなくていいよ!

 

07. fragile

そしていよいよ、本家と共演です!夢のようですね。本家を前にして、きっとめっちゃ緊張してたであろう彪我くん。しかし緊張を力に変えられる子ですね。おそらく今までで一番のfragileだったんじゃないでしょうか。透明感のある歌声がすーっと胸の奥に沁みわたっていきます

一朗さんのギターがまたいい。二人を邪魔せず、それでいて高度なギターテクできのこりあんを魅了しました。さくらしめじの二人からも、きっとすぐこんなかっこいいギターを聞くことができるでしょう。

一番のサビは彪我くん主旋律で、雅功くんはオクターブの下のハモり。二番のサビは彪我くん主旋律はかわりませんが、雅功くんが6度下のハモりです。

そして最後のサビ。ずっと彪我くんが主旋律だったのが、ここで雅功くん主旋律、そして彪我くんが3度上(つまり二番で雅功くんが歌っていた6度下のハモりのオクターブ上)に、ハモりがパッと切り替わります。

このパート割りは、菌活ファイナルのお台場で初めてfragileを聴いたときのものに近いと思いますが、以前レポでも書いたとおり(→菌活ファイナルレポ)、これがもう、鳥肌ものなのです。あのときの感動がよみがえります

しかしそれが今回、さらに完成度を上げ、二人の成長を今まさに目の当たりにしていることと、本家との共演という歴史的事件と、二人の絶妙のハーモニーとが相まって、全く新たな感動を巻き起こしたのでした。

「演奏の技術」は比べられますが、「感動」は比べられないですね。感動に上も下もない。かけがえのない一度きりの体験です。だからまた聴きたくなるんですね。

ところで2年前ぐらいに、当ブログの「きみでした」の記事で、音程差のあるハモりというさくらしめじの持ち味について書きましたが(→きみでした(3)きみでした(4))、今もそれを維持し、この曲でまた新しい形で発揮しているということはすごいことです。

 

さて、ここからはまたスペシャル!バンドメンバーが登場してのライブとなります。

ギター:柿澤秀吉さん
キーボード:シーナアキコさん
ベース:工藤嶺さん
ドラム:白川玄大さん

です。ベースの方が初登場ですね。

 

08. ふうせんはなび
09. ケセラセラララ

続けて2曲。ずっと一緒にやっているかのように、しめじとバンドメンバーとの息もバッチリです。やっぱりバンドっていいですね。ちなみに2曲とも、ちょうど3日前に僕がスタジオで練習してた曲で、テンションが上がりました。

 

即興スリーワードソング

いつもは彪我くんが作るのですが、今回は彪我くんではなく、雅功くんが作ります。それもバンドメンバーさんと一緒に。しかもバンドメンバーも即興で演奏するとのこと。これは面白い。

この日のワードは「消費税」「消防車」「サッカー」

さすが雅功くんらしく、上手いことまとめてきました。セリフなんかも入れちゃって。くわしい歌詞は別の方の記事にお任せいたします・・・

それにしてもバンドメンバーさんはさすがプロですね。即興なのにめっちゃかっこいい曲に仕上げてきました。

 

10. かぜいろのめろでぃー

前回の菌活広島で聴いた「かぜいろのめろでぃー」がめっちゃよかったのですが、今回はそれをそのままバンドバージョンにも引き継いでいました。

彪我くんの眼が潤んでいるように見えたのも、それだけ曲の世界に入り込んでいたからではないでしょうか。「挫けそうになったときにはね〜」の彪我くんのやさしい歌い方など、ほんとに隣に寄り添うような感じで、吹き抜けていく風にやさしく包まれるような穏やかな気持ちになりました。

 

11. きみでした

この流れで「きみでした」ですよ。もうね。すでに涙腺はゆるんでおります。そこに二人の美しいハーモニー、バンドの名演奏、そして粋な演出。会場には雪が降り、前のモニターにはキラキラの光に包まれる二人の姿。もう曲の世界に完全に引き込まれまして、まるであの「きみでした」のMVの映像の世界に自分も入ったような感じになりました。

そしてふと気づいたら彪我くんの様子が。。。あれ?泣いてるの?いつから?声も徐々に涙声に。

「君は今何をして どんな気持ちになってるの」

大サビに入り、曲も一気に盛り上がるところ。会いたいのに会えない、気持ちも伝えられていない、こんなに想っているのに・・・そんな片想いや実らなかった恋の、せつない気持ちがグッと込み上げてきます

「歯痒いんだこの気持ち それなのにそれなのに とまらないこの気持ち」

この辺りで確か、彪我くんは涙に声が詰まり、歌えなくなった瞬間があったように見えました。この歌詞でグッと来るということは、片想いや失恋の経験があるのかな?と思ってしまいますが、それぐらい感情移入していました。外に感情を出すのが苦手な人は、内では実はすごく熱い心をもっている、といえるのではないかと思いますが、彪我くんがまさにそうですね。

そのあと、そのことを雅功くんが突っ込むかと思ったら、スルー。泣いてたというのは僕の思い過ごしかな?それとも、これをいじるのは無粋だと思ったのでしょうかね。

 

MC

ここであの、全きのこりあんが悶えた、あのエピソードが披露されます!

シングルベッドで二人・・・

これ以上は言えません(意味深)

例によって「音楽で萌える」をコンセプトにしている当ブログでは、シングルベッドで二人で一緒に朝まで寝て、仲良く遅刻したとか、スタッフさんに「これからはカップルプランにしようね」といわれたとか、そんな話しは書きません(←書いてるやん)

 

12. スタートダッシュ

ここからが後半戦という雅功くん。ここでまたさらなるスペシャル!久々の新曲です!やっぱり予想通りきた!

ライブで初披露です、って言って新曲を披露するのは、今年10月7日のABA番組祭2017での「笑顔の未来へ」以来ですかね。この曲はちょっと特殊な扱いみたいですけど。その前といえば、8月6日の菌育 in the 家(新潟)での「ケセラセラララ」ですね。どちらも事前にネットやラジオで披露されていたので、ほんとにライブでの初披露ということであれば6月14日のしめたんでの「あやまリズム」以来となりますね。

めっちゃ疾走感のある曲です。過去最高のBPMかも。曲中にBPM(Beats Per Minute、テンポのこと)なんていうワードが出てくるぐらい。「てぃーけーじー」よりも早い。でも「えそらごと」のような青春の爽やかもある。そんな感じですね。

イントロのギターのリフが印象的。AメロBメロは王道の8ビート、サビで倍速になります。二人の掛け合いも楽しめます。歌詞は・・・ほとんどおぼえてない^^;Ding Dong Dingしか(笑)

朝の始まり、季節の始まり、これからがんばるぞ、という感じにさせてくれるような思いっきり前向きな曲です。春にむけてドラマやCMとタイアップしたりしたらぴったりじゃないでしょうかね。

 

13. ねこの16ビート

そのままの勢いで、この曲。やっぱりカッコイイ曲ですね。ねこにゃんにゃん、をしながらドラム叩きたい欲がかき立てられておりました(笑)

「ねこにゃんにゃん」というかわいいワードなのにカッコイイってところが、さくらしめじを表してますね。

 

14. てぃーけーじー

この流れでの「てぃーけーじー」。今回のセトリ、ほんとうまくできてます。エンディングへ向けてヴォルテージはどんどん上がっていきます。

例によって、さくらしめじの音楽の素晴らしさを伝えることをコンセプトにしている当ブログでは、二人が一本のマイクで頬を寄せ合って歌い、会場から(僕も)悲鳴が上がっていたことなどは書きません(←また書いてるやん)

今回語りの部分ではまさかの、TKGを実際に食べるという演出。語りからパフォーマンスへとシフトしそうな予感です。

 

15. えそらごと

この曲もどんどん進化してますね。最近Bメロのハモりが増えたりして、変わっていっているな、と思いましたが、今回気づいたのは、サビ前とかサビとかのコードが変わったということです。

例えばサビの最初は、たぶん春しめじでは「B-F#ーG#m-F#m7」だったのが、今回「B-E-F#-G#m」になってたんじゃないか思います。これについては前のコードの方が好きかも。最後のサビだけB-E-F#-G#mにしたりしたらいいんじゃないか、という気もします。

間奏できのこりあんへのメッセージが入ります。

雅功「うれしいときも悲しいときも、皆さんの側に寄り添うような音楽を・・・」
彪我「これからもスペシャルを届けられるように・・・」

そして感動のフィナーレへ。

 

<アンコール>

二人が見えなくなってすぐにアンコールが起こります。しばらくしてスウェッTに着替えた二人が登場。

するとなんと、会場の真ん中にステージをつくり、そこで演奏すると言うではありませんか。

しかも、まったくスピーカーを通さない、生のギターの音で歌うという・・・そう、いわゆる「アンプラグド」(あのMTVなどでも有名な、電気機器に一切繫がない生音での演奏)で演奏するというのです。さらにマイクも通さず生声で。これはまったく考えもしませんでした。いつもさくらしめじは最後にマイクを通さずに「ありがとうございました!」ってやりますよね。それが演奏で聴けるということですよ!すごいです。そして歌うのはこの曲。

 

16. おもいでくれよん

今まで聴いた「おもいでくれよん」の中でいちばんよかったのではないでしょうか。直接音が耳に伝わってくる感じというのは、こんなにも感動するものなのですね。

だってすぐそこで弾いている二人の手元、そして歌は口から、空気の振動がそのまま自分の耳に届くわけですからね!

 

サプライズ

ステージに戻って、最後の曲にいこうとしたときです。突然のチャイム音。おどろくさくらしめじ。

ここでなんと!「菌育 in the 家(はうす)」の最終公演が、東京・日比谷野外大音楽堂で実施されることがサプライズ発表されたのでした!あの野音ですよ、野音。大きなステージがやってきましたね。

雅功くんは、あかちゃんのようにステージを走り回って全身で喜びを表現します。感情を表すことに関しては不器用な彪我くんは、手を口に当てて、いつものようにちょっと声裏返り気味で「えぇ〜??うそでしょ?」という驚きの声。この喜びの表現の違いがまさにさくらしめじ。

 

17. みちくさこうしんきょく

最後はバンドも加わって、やはりこの曲。いつものコール&レスポンスで会場が一つになりました。

 

以上、菌育 in the 家(はうす) スペシャル!in マイナビ赤坂BLITZ ライブレポートでした!

今回のライブの模様は、現在YouTubeでダイジェストでご覧になれます↓

みんな、こんな最高のライブを聴かないなんてもったいない!皆さんの力で菌育ファイナルの野音を満員にしましょう!!

もちろん残りの菌育も全部行きます!

 

***

✨【さくらしめじ】菌育 in the 家(はうす)ファイナル!「真夏の星空ピクニック」in 日比谷野外大音楽堂 開催決定✨

2018年7月28日(土)
開場16:30 / 開演17:30
日比谷野外大音楽堂(東京都)
指定席/お子様ファミリー席:5,980円(税込)

公演に関するお問い合わせ:
SOGO TOKYO 03-3405-9999 (月-土 12:00~13:00/16:00~19:00)

http://sakurashimeji.com/news/640.html

2 件のコメント

  • いつもながら音楽に詳しい、あかんぼさん尊敬します。
    それからよくステージをよく観察されていて、見るべきところが違うなと感心します。
    たいへん楽しかったのですが、やはり、「さんきゅう」
    アコギ演奏だったので期待したのですが、彪我君のギターソロ、聴けませんでしたね。惜しい、とこころの中で呟いてしまいました。
    詳しいまとめ、ありがとうございました。

    • 四性さん、いつもお読みいただいてありがとうございます。それから菌育赤坂ではご挨拶できてよかったです。ライブでのさくらしめじを見守る四性さんのやさしげな眼差しが素敵です。
      「さんきゅう」四性さん、残念がってるだろうなあと思ってましたらやっぱり。いろいろ変わっていきますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。