さくらしめじ 春のワンマンライブ直前スペシャル企画!楽曲別歌唱率分析

昨日のさくらしめじの「桜イルミネーション」行く気満々でした。なんとなく新曲が発表されそうだったし、雰囲気良さそうだったし。仕事は休みだったので、いける!とよろこんでいたのですが、なんと、ここでまさかの体調不良。やはり生身の人間、何が起こるかわかりません。非常に残念でした。そして今頃になって回復してきました。

でも、今日LINE LIVEで新曲のふうせんはなび聴けたからまあよしとしましょう。いい曲ですね。ライブで聴くのが楽しみです。

そんなわけで、昨日はスネて、ごろごろしながらさくらしめじのライブ一覧を眺めたりなんぞしていました。そしたら無性にやりたくなってしまったことがあります。それは・・・。

 
楽曲別歌唱率分析

みなさん、ライブに行かれたことのある人はこんな経験ないですか? 例えば「いくじなし」が演奏されると、「おっ、定番きたな」とか、「さんきゅう」が演奏されると「お?めずらしいな」とか。そう、曲によって、ライブで歌われる確率が違うわけですね。それを実際に計算してみた、というわけです。これまたマニアックなことを。(たぶんスタッフさんでも知らないでしょう(笑))

とりあえず、このあいだの「桜イルミネーション」は集計に入れません。各楽曲の「歌唱回数」をライブ数で割って、楽曲別の「歌唱率」を出したいと思います。

全ライブ数は把握しているだけで96回(すごい数!)です。そのうちセットリスト(曲順のこと。以下セトリ)が把握できているライブ数は84回です(2部ある場合は2回と数えます)。ただし、そのライブ数を分母にして計算してしまうと、後から発表された楽曲の方が当然歌唱率は低くなります。したがって、分母のセトリ判明ライブ数は各楽曲の初披露後の回数とします。つまり

楽曲歌唱率(%)=楽曲歌唱回数(回)/楽曲初披露後のセトリ判明ライブ数(回)

となります。楽曲歌唱回数はリハも含みます。



楽曲歌唱率ベスト3(よく歌われている曲)

それでは、楽曲歌唱率の高かった曲、第3位から発表します。

第3位は・・・

「はじまるきせつ」(83.3%)(24回中20回)

です。2015年11月21日の菌活千葉(アリオ蘇我 1F屋外イベント広場)で初披露されて以来、まんべんなく歌い続けられています。

続いて第2位は・・・

「まよなかぴくにっく」(86.7%)(45回中39回)

です。この曲も、2015年7月26日CBCラジオ夏祭り2015で初披露されてから、歌い続けられています。とくに、何故かリハーサルで歌われることが多いです。「リハーサル使用率」を計算すると31.1%と「きみでした」のリハーサル使用率11.3%を引き離してダントツのトップです。ギター→雅功くんパート→彪我くんパートと順に出てくるから、音量調節などがしやすいからでしょうか。

それでは栄えある第1位の発表です!第1位は・・・
(どぅるるるるるるる・・・しゃーん!)

「いくじなし」(89.3%)(84回中75回)

デス!!

やはり。これはさくらしめじに欠かせない曲ですね。これはさくらしめじの全経過をとおしてまんべんなく歌われています。さくらしめじを象徴する曲ですね。



楽曲歌唱率ワースト3(あまり歌われていない曲)

それでは、あまり歌われていない曲、歌唱率ワースト3を発表します。

歌唱率ワースト3位は・・・

「みちくさこうしんきょく」(19.4%)(31回中6回)

です。ワースト4位「さんきゅう」(21.0%)と僅差です。じつは「みちくさこうしんきょく」は2015年9月27日、星男祭2015で初披露されて以降、菌活では比較的歌われていました。しかし2015年12月のワンマンライブ以降、一度も歌われていません(たぶん)。何故でしょうかね。わかりません。好きな曲なんで、もっと歌ってほしいんですけどね。「さんきゅう」「みちくさこうしんきょく」このあたりはライブで聴けたら「レア感」を感じることでしょう。

続いて、歌唱率ワースト2位は・・・

「ぎふと」(18.5%)(54回中10回)

母の日限定的な曲だからでしょうか。あまり歌われていないですね。これがライブで聴ける機会は少ないと言えます。

そして、歌唱率ワースト1位は・・・

「こんこんずし」(9.5%)(21回中2回)

です。そりゃ、そうですね。2015年12月のワンマンライブでしか歌われていないですからね。やはりアコーディオンが必要だからでしょうか。他のライブではまだ一度も歌われていません。次のワンマンでは聴けるでしょうか。

この3曲はCD化されていませんから(ぎふとは配信限定)、別の見方をすれば、CD化されていないものは歌唱率も下がるとも言えます。「さんきゅう」もしばらく歌われていなかったのが、3rdシングルが出た後に歌唱回数が増えています。当然と言えば当然ですけどね。しかし「まよなかぴくにっく」はCD化される前から盛んに歌われていますから、必ずしもCDの発売と関係があるわけでもないようです。

そんなわけで、全楽曲の楽曲歌唱率の一覧を掲示しておきます。

 

1曲目歌唱率

ついでに「1曲目歌唱率」なるものも出しておきました。つまりライブの1曲目で歌われる確率です。

第1位「いくじなし」(32.1%)、第2位「せきがえのかみさま」(25.0%) 、第3位「きのうのゆめ」(19.0%)、第4位「はじまるきせつ」(16.7%)、第5位「まよなかぴくにっく」(15.6%)

「いくじなし」はダントツですね。3回に1回ぐらいは1曲目ということですね。「きのうのゆめ」は意外かもしれませんが、初期の頃は曲数が少なかったので、当然1曲目になりやすかったということでしょう。実は、最近では1曲目どころか、そもそもあまり歌われていません。2015年12月のワンマンライブ以降2回しか歌われていません。ですので、ここ数ヶ月で見ればかなりレアということになります。(昨日の桜イルミネーション第1部で歌われたようですから貴重でしたね。)

ところで今週末はもう春のワンマンライブ「菌唱-KINSHOW-」ですが、1曲目はなんでしょうね。この中のどれかかな。「まよなかぴくにっく」は前回のワンマンライブで1曲目だったので、それ以外かな。「きのうのゆめ」は違いそうだし。新曲もはじめには持ってこないように思うし。「はじまるきせつ」「いくじなし」「せきがえのかみさま」あたりが妥当でしょうか。

最近の流れでは「はじまるきせつ」かな。「はじまる」感じだし。よく歌われている分完成度も高いし。もしくはアレンジした「いくじなし」をはじめに持ってきて、さくらしめじの変革を見せてくるか。みなさんはどう思われますか?

それにしても、新曲が3曲も加わりました。「かぜいろのめろでぃー」「またたび」「ふうせんはなび」。さらにワンマンで初披露の曲もあるかも。カバーもあるかもしれません。僕としては四字熟語シリーズから一曲、完成形にして披露してほしいですが。ともかく曲数が多くなったので、レギュラー曲ではずれる曲がでてくる可能性が高いですね。何を歌わないのかも、ちょっと気になりますね。

そして初のバンド編成と言うことで、どんなアレンジでどんな雰囲気になるのか、とっても楽しみですね。なによりしめじの二人ががんばっている姿が見られるのがうれしいです。

 

さまざまな事情でいけない方もおられるので、浮かれてばかりではいけませんが、楽しみにしてきたのでどうしても浮かれてしまいます。すみません。

帰ってきたらライブレポートも書こうと思いますが、僕が昨年のワンマンに行けなかったときは「それすらも見たくない」なんて気持ちにもなりました。

なので、もし書いたときには、落ち着いてからでよいので、よかったら見てくださいね。

最後に。彪我くん、雅功くん、見てますかー!ミュージシャンの皆さん、スタッフさん、ご覧になってますか?「菌唱-KINSHOW-」見に行きますよ!皆さん、ライブの成功を願っております!頑張ってください!!

***
春のワンマンライブ「菌唱-KINSHOW-」2016年4月23日(土)千葉県文化会館
詳しくは公式サイトをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。