さくらしめじ『まよなかぴくにっく』を叩いてみた!

昨日は雅功くんのドラマ出演の知らせを聞いて、思わずブログ更新してしまいました。その勢いで、今日は前からやりたかった、これを解菌です。

な、な、なんと(最近はまっている)。さくらしめじ『まよなかぴくにっく』を・・・叩いてみましたー!(ひゅーぱちぱちどんどん)


(動画は下の方にあります。)

もうこうなったら、威勢良くドラム叩いて、彪我くんと雅功くんの夢の共演を応援です。

まだもう少しドラマまで時間がありますので、今日の「菌活」動画を見終わって、手持ちぶさたになられたときにでも、ご覧ください。

そのまえに、一応なんやかんや書きましたので、よかったら見てください。面倒な方は下のマークまで飛んでください。

***

さて、前々回のさくらしめじ『まよなかぴくにっく』占い。楽しんでいただけましたでしょうか。いろいろとご感想をいただきました。 

結構、感動型が多かったですね。もしくは感動型+一途型。僕もいまだにときどき涙ぐむときがあります。初めて『まよなかぴくにっく』を聴いたのは星男祭2015の映像だったでしょうか。そのときの衝撃は今も忘れられません。こんな楽曲が現代に生まれてくるのかと。この子供らしい素直な歌の中で、喜びとはかなさと爽やかさを同時に表現してくる、さくらしめじの魅力が詰まった曲だと思います。
 
ただ、一つだけ。ちょっと久しぶりに音楽的なことを書きます。ここまで褒めておいて言いにくいのですが。「菌活」などでの、ギターだけのアコースティックバージョンのときのことです(「菌活」新潟篇などで聴けます)。あの、いいですかね、いっても。ちょっとあまり出来が良くないように思うのです。(いや別に責めてるんじゃないですよ。いいんです、そんなしめじも愛おしいんです。)
 
その原因は、一つはあの「ハネのリズム」に原因があるのではないかと思っています。そしてもう一つはギターのコードです。
 
 
アコギバージョンのコードの違和感
 
さきにギターの方から見ておきます。イントロのギターです。前から気になっていました。イントロの最後、歌い始めの直前のコードはおそらくGです。Gで終わって、その音を響かせながら、その次Aメロを「気がつけば夜空に〜」とアカペラで歌いだしますが、その移行がなんかちょっと違和感ないですかね。
 
確かにAメロのしょっぱなもGだと思うので、イントロの最後でGの音を響かせながらAメロに入ってもいいはずです。でも、音源ではイントロの最後はベースのAの音が入ってG/Aみたいな感じになっていて、サブドミナント(G)→ドミナント(A)の動きがあるからいいのではないでしょうか。もしこのAがなければ、結局ずっとGになります。このG(IV)のサブドミナントコードが続くことによって不安定感が出ているように思います。プロに言うのもなんですが、アコギバージョンは少しアレンジを変えた方がよくないですかね。(僕はギターや音楽理論はあまりわかりませんのでどうしたらよいのかはよくわかりませんが、思い切ってAとかAsus4とかにして、Aメロには音を残さず切るか初めにGだけ弾くとかしたらどうでしょうかね。)
 
 
ハネのリズム
 

さて、覚えておられますでしょうか。以前、「きみでした」で「ハネのリズム」は難しい、ということを取り上げました。

さくらしめじ『きみでした』(1)ハネのリズム

実は、この『まよなかぴくにっく』もハネのリズムです。16ビートのハネですね。これがうまくハネられていないと、ちょっとバタついた感じになります。そしてリズムを気にすると音程が不安定になります。そういうことが起こっているのではないでしょうか。

しかしリズムに関しては、菌活新潟の動画の演奏よりも、ワンマンの動画や菌活埼玉で聴いた演奏の方が大分うまくなっていましたから、その成長っぷりを見て、相当練習を続けてきたんだろうなあ、と感慨深くて目が潤みました。

 
え?そんな偉そうなこといって、口ばっかりって?あんたできるのかって?
 
よ、よーし。じゃ、じゃ、じゃあ、やってやろうじゃありませんか。
 
・・・ちょっと無理矢理な流れでしたかね。そう。あの『はじまるきせつ』でやった「叩いてみた」をこの『まよなかぴくにっく』でもやろうということです。
 
ま、要するにやりたかったんですよね。好きですから。
 
やっぱりこの曲のポイントはハネですね。うまくハネていないと、だいたいうまく音源に乗せることもできません。僕の演奏でハネの甘いところがありますので、そういうところはよく聴いていただくとずれているのがわかるかと思います。でも初めは粗探しせずに、素直に聴いてくださいね。お願いしますー。(こういう曲でドラムのヘタさが目立ちますね。そりゃ、素人とプロじゃ違うのは当たり前ですが、やっぱりMITSUさんはすごい。)
 

***

聴いていただく前に、少しだけ解説を。映像では顔を隠すために下の方しか映っていませんが、上とか左横の方の見切れているところにシンバルが二つあります。こんなふうになっています(下図)。ついでに他のドラムの名称も書いておきます(角度が悪くて、あまりスネアが映ってませんね。すみません。)
 

この曲は結構これらのシンバルをいろいろと叩いていますので、その辺にも注目してください。とくにスプラッシュシンバルと、チャイナシンバルですかね。それからハイハットオープンですね。気持ちの良いところで入るように工夫しています(というか、もと曲が気持ちいいところに入っています。その雰囲気をできるだけ出すようにがんばりました)。

*ハイハットオープン、クローズとは。
二枚重なった「ハイハット」と呼ばれるシンバルは、ペダルで上げ下げして演奏します。閉じるとチッチッと言う音が鳴り、開けるとシャーッっという音が鳴ります。

 

僕が好きなポイントは、1番の後の間奏から2番に入るところのフレーズです。ここのチャイナシンバルと直後のハイハットオープンが気持ちよいです。あともう一つは、「忘れちゃうの?」の手前の「いつかはー」でハイハットオープンにして、「忘れちゃうの?」を言う瞬間にクローズにして音を消す、というところが気に入っています。曲の気持ちとドラムが一緒になっている感じがして、やりながらうるっときました。

それでは聴いてください。

さくらしめじ3rdシングル「はじまるきせつ/さんきゅう」「よるばん」より。
さくらしめじ『まよなかぴくにっく』を叩いてみた!

(2016/2/27リンクが変更になっています。若干映像と音にズレがあったので、少し修正しました)

こんな感じになりました。もと曲のドラムは、さくらしめじのワンマンライブでもおなじみ、『はじまるきせつ』や『きみでした』などと同じく、UnnaturalのMITSUさんです。

 

***

今日はまたドラムのカッコイイ曲を紹介します。ハネのリズムにちなんで。ハネのリズムの一つ、ハーフタイムシャッフルの代名詞ともいえるこの曲。アメリカのバンドTOTORosannaです。ドラマーは僕の最も好きなドラマーの一人であるジェフ・ポーカロです。残念ながら38歳の若さで急死されました。このライブ映像は、まだご存命の頃のものです。
https://youtu.be/ke5clwR49LE

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。