さくらしめじ『卵回熟膨のうた』を叩いてみた!

皆さん、こんにちは。このところいろんなことがありましたね。さくらしめじのワンマンライブでの「はじまるきせつ」「Hello,again〜昔からある場所〜」の映像がアップされましたね。菌活大陸も群馬篇も楽しかったですね。たくみおねえさんの卒業、残念ですね。

さて前回は、さくらしめじ3rdシングル発売記念、第二弾の企画としまして、「『はじまるきせつ』を叩いてみた」をやるということで、無謀にもドラムを演奏してしまいました。
つたない演奏にもかかわらず、多くの方に聴いていただき、ありがとうございました。やってみて、もと曲のドラムの難しさと、MITSUさんのかっこよさを改めて実感しました。もうちょいちゃんと身体が動くと思いましたが、自分で見ても身体が大分硬いですね。
一回でさらっと叩けたように見せたいところですが、実は結構練習したんですよ。1月末ぐらいから仕事終わってから夜中とかにちょっとづつやっておりました。

だいたい音取りに2時間、練習は1回2時間で3〜4回、撮影に1日、という感じでしょうか。やはり一度も間違わずに最後まで叩くというのが難しいですね。何回やり直したことか。ドラムの楽譜があります(といってもところどころしか書いてませんが)のでまたご入り用の方はどうぞ。

 
さくらしめじ「卵回熟膨のうた」

今日はこの歌を取り上げます。おっと、そうきたか、という感じでしょうか。きのこりあん(さくらしめじのファン)の皆さんはもちろんご存知でしょう。OKmusicというサイトで、「さくらしめじの『すくすくスクール〜こくごの時間〜』」という連載企画をさくらしめじの二人がやっています。

「卵回熟膨のうた」 http://okmusic.jp/#!/ups/articles/575

これが面白い。自分たちで自作の四字熟語をつくり、それについての歌を作詞作曲する、というなんともクリエイティブな企画です。作詞作曲の練習としてさせているんではないかと思いますが、とても面白くてかわいいです。それに、こういうとなんか偉そうですけど、センスもあるように思います。
とくに「卵回熟膨のうた」は1作目にしてかっこかわいい仕上がりです。
・・・あ、そうだ。いいこと思いついた!
一緒に演奏しよう。
・・・え?
そう、ドラムをつけてみました!
そうです、懲りずにやります。今回はもと曲といってもドラムなどは入っていないので、完全オリジナル?のドラムをつけました。

映像では見えませんが、前にノートパソコンをおいて、しめじの二人の映像を見ながら叩いてみました。前回より一層、しめじたちと一緒に演奏した感じがしましたよ。

でもなかなか難しかったです。画面の中の二人は合わせてくれませんからね。雅功、そこはしりすぎ、とか、おっ、ここ彪我ぴったりやん、などとやっておりました。

今日は皆さん、彪我くんが出演しているTBS日曜劇場「家族ノカタチ」を楽しみにしておられると思いますので、それが始まるまでの時間や、終わってからでも聞いてください。

それでは聞いてください。
「卵回熟膨のうた」を叩いてみた。

・・・こんな感じになりました。

ベースができる方はベースをつけるとか、ピアノ弾ける方はピアノつけるとか、みんなで仕上げていく、というのもの面白いのではないでしょうか?

最後に今日もドラムがカッコイイおすすめの曲を紹介します
Original Lovetwo vibrationsです。
https://youtu.be/9Z1Mvrc6zQ4
ドラムは佐野康夫さんです。めっちゃカッコイイですよ。僕が最も好きなドラマーの一人です。

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    今晩は!実は群馬の菌活行きました。しかも四時間まって一番前で娘と見ました。ふたりのまつげが見えるほど前でした。まだスターダストチャンネルには登録してませんが内容は覚えてます。最近では娘の影響か洗脳か娘が居なくても車中でもCDん聞いてます。やっぱ癒やされるんですかね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    ほんとうに参加しているようで楽しそうですね。
    なんか私も参加したいが、楽器ができない。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >翔潤さん
    結構菌活行かれてますね。いいですね。僕は関西に住んでいるのでなかなかいけません。この間の埼玉で初めて行きましたが、やはり生はいいですね。
    4時間とは大分気合が入っていますね。さすが嵐ファンは待ち慣れておられますね。
    さくらしめじ、とっても癒やされますね。僕も車の中ではいつもしめじです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >四性さん
    はい、楽しかったです。「はじまるきせつ」のときは再現しようと必死でしたが、今回は自分のフレーズを演奏できるし、入っていないパートを入れるので、一緒にやっている感がすごくありました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。